病気治療だけに長けているのではない!現代に見られる内科の豊富な診療内容をご紹介!

このサイトでは、多くの方が一度は受診をする機会がある内科の詳細について解説をしていきます。
大学病院から街中にある個人クリニックでは、総合診療を実施されるものです。
そのなかでも幅広い年代が受診をするのがここです。
どのような診療内容をなされており、病気治療ができるのか詳しく知らない方も多いことでしょう。
気になる診療項目について触れていくので、参考にしていただければ幸いです。
お世話になる目安も述べていきます。

病気治療だけに長けているのではない!現代に見られる内科の豊富な診療内容をご紹介!

内科の診察内容は基本的には、問診と触診となるものです。
内科と言っても呼吸器・循環器とさらに区別をされているため、数多くの病気治療に対応しているのも特徴です。
また、まだ疾病を患っていない方でも健康診断で受診をすることもできます。
病気治療だけでなく健康増進のサポートもなされているため、気軽に訪れて医師のケアを受けるのも良いでしょう。
厚労省では積極的に掛かりつけ内科を見つけるようにとも指針を述べています。

人口減少で熾烈な競争が強いられる!内科も生き残りをかけ豊富な診療内容が目立っている!

日本国内の人口減少はとどまること頃を知らず、そのためにクリニックも生き残りをかけて様々な診療内容にして変化をアピールしているところが目立ちます。
特に、内科では一般的に風邪や花粉症やその他何らかの体調不良の診療を行っていますが最近はアンチエイジングなど健康だけでなく美容にアプローチするようなクリニックも増えています。
例えば、プラセンタ注射やビタミン点滴を行う内科が増えてきているのもそのためです。
定期的に行うことで、若さや健康を保つことができるだけでなく美しくなることができる治療や施術は内科出て着るようになってきています。
これまでは、病気になったら通う場所であった内科ですが最近は予防医療や美容治療にも力を入れているところが多いです。
人口減少が進むと、より患者の争奪戦になってくるのはどの診療科でも同じことです。
患者の立場からすると、より医療のクオリティが高くなり選ぶことができるようになるためメリットがあります。

禁煙外来やメタボリックシンドローム外来など生活習慣病に特化した内科もある!

数ある医療機関の中でも、最も身近な存在と言えるのが内科です。
風邪や下痢、腹痛といった日常的に経験しがちな疾病に関する治療を担当する内科は、利用者にとっては総合的な健康管理者としての性質を帯びるため、「身体のことについて何でも相談できる相手」として地域の医療に貢献しています。
内科に併設される、専門外来にもそうした特質が見られます。
内科を標榜する医療機関には、よく禁煙外来やメタボリックシンドローム外来といった専門外来が設けられていて、喫煙をやめたい、糖尿病や高血圧を改善したいなどの要望に特化した治療を行っています。
これらはいずれも生活習慣に起因する健康リスクで、単に投薬などを行うだけでなく、食事・運動・睡眠などの日常生活を総合的かつ継続的にコントロールすることで改善を目指せるものです。
そのため、普段の健康状態をよく知ったうえで必要なアドバイスを提供してくれる医師に対する信頼度が高いほど、治療の効果が高まることが期待できます。

幹細胞治療やNMN点滴などアンチエイジング治療に長けた内科が今人気!

内科では患者の症状に合わせて様々な治療を行っていますが、最近はアンチエイジング治療に力を入れている内科クリニックも増えています。
幹細胞治療やNMN点滴などのアンチエイジング治療は、男女を問わず好評です。
人間は体内に老化を防ぐ長寿遺伝子を持っていますが、普段は眠っています。
NMNを利用すると長寿遺伝子が活性化し、肌や体力が若返ります。
NMNは野菜からも摂取できますが量が少ないため、点滴治療を受ける人が増えています。
NMN点滴治療を受けると集中力が高まり、代謝が上がります。
肌の不調や神経疾患、男性の勃起不全など様々な症状に対して治療効果が期待できます。
幹細胞治療は、加齢による様々な症状に対応する治療方法です。
生活習慣病や更年期障害、内臓疾患など患者の悩みに対して幹細胞治療を行うと機能が低下した組織を修復します。
幹細胞治療により毛細血管が修復され組織が回復すると、肌の不調も解消して輝きを取り戻せます。

現代の内科では一般健診の他精度の高い腫瘍マーカーや線虫がん検査も実施

内科では専門的な検査も受けることができるのをご存知でしょうか。
あまり聞きなれない検査項目ですが、腫瘍マーカー検査は癌の発見に役立つ検査項目です。
検査には、胃、大腸、肝臓、すい臓などの特定の臓器に対して行うものになります。
性別によって前立腺や婦人系の臓器に対する検査もあります。
肝臓であれば、肝炎であっても反応してしまう事があるため、腫瘍マーカーで即刻癌と特定する事は困難ですが、精密検査を追加することで癌の特定を可能にします。
また、線虫がん検査は線虫という線形動物で、尿に含まれる癌の匂いに反応する特性を利用した検査です。
胃カメラや大腸カメラ、バリウム検査などと比べて、血液や尿を使用した検査は、受診する側にとっては非常にリスクや負担の少ない検査であり、有効な検査方法なのです。
現代の内科では、精密度の高い検査が可能となっているので、癌のリスクの高まる40代から50代、もしくは親族に癌を患った人がいる若い世代の方は一度検査を検討されてみてはいかがでしょうか。

内科に関する情報サイト
内科の詳細

このサイトでは、多くの方が一度は受診をする機会がある内科の詳細について解説をしていきます。大学病院から街中にある個人クリニックでは、総合診療を実施されるものです。そのなかでも幅広い年代が受診をするのがここです。どのような診療内容をなされており、病気治療ができるのか詳しく知らない方も多いことでしょう。気になる診療項目について触れていくので、参考にしていただければ幸いです。お世話になる目安も述べていきます。

Search